MENU

無乳ロリの尻ケツがエロいやきめしもどきのアダルトコミック

この記事は無乳ロリの尻ケツがエロいやきめしもどきのアダルトコミックについてご紹介します。

この作品はロリ×百合ものになっています。

"
タイトル無乳ロリの尻ケツがエロいやきめしもどきのアダルトコミック
品番RJ407336
タグ尿道,プレイ,焦点,作品,大変,挿入,おまけ,例外,鮮やか,全部,安心,構成,世界,女の子,ところ,フェチ,スイカ,真ん中,一番,ひとくち,真希,まさき,気持ち,代弁,ちゃん,中毒,彼女,色香,サラリーマン,確実,今回,主人公,戸惑い,大人,少女,好奇,高校,教室,みたい,小耳,色々,想像,画面,魔物,欲望,透明,ぐちゃぐちゃ,女性,意図,ノスタルジー,文学,シリーズ,タイトル,変態,最後,秀逸,ニッチ,ジャンル,紳士,拡張,興奮,シーン,自身,表情,瞬間,膀胱,子宮,メイン,自体,マニアック,内容,ディルド,後半,経験,商品,ページ,眼鏡,対応,購入,作者,現実,ぷよぷよ,ボール,本書,記載,次元,触手,同様,限定,一蹴,意外,前回,キャラ,なおざり,わたし,開発,異物,放尿,潮吹き,若宮,同級生,前作,不思議,オーラ,正体,仕方,オナニー,目撃,お互い,アブノーマル,快楽,マニアック/変態,シリーズもの,レズ/女同士,放尿/おしっこ,尿道,拡張,貧乳/微乳,褐色/日焼け,
メーカーやきめしもどき
発売日2022年08月14日
販売数2063
お気に入り数887
レビュー数4
レビュー平均点4.73
プレイ内容 ・尿道開発(指・舌入れ・異物挿入) ・膀胱拡張 ・尿道脱 ・放尿 ・潮吹き (あらすじ) 主人公・若宮凪は同級生の天綱真希(前作主人公)が醸す、不思議なエロいオーラの正体が気になって仕方がない。 ある日、届け物をするために天綱家にやってきた凪は、真希が尿道でオナニーをしているところを目撃してしまい――。 尿道プレイ特化シリーズ第3弾です。ま〇こには目もくれずひたすらお互いの尿道だけをいじり続ける二人の女の子がアブノーマルな快楽に染まっていく様をお楽しみください。無乳ロリの尻ケツがエロいやきめしもどきのアダルトコミック

【やきめしもどき】裸触手が百合する快楽もの作品

"""

作品のやきめしもどき、無乳ロリの尻ケツがエロいやきめしもどきのアダルトコミックの紹介です。

この作品は室内で主人公と裸ロリが百合します。

快楽ものが好きな人におすすめしたい。

変態なロリの潮吹き、裸触手の百合がエロいです。

そしてロングヘアのロリがたまらん。

そして裸触手の巨乳が揺れるのが肉棒に悪いですw

ロリのまんこが主人公の包茎を受け入れているところもよいですね。

変態ロリのおチンポを挿入された時のアへ顔がとてもそそります。

快楽の中主人公が激しくお○んちんをマ◯コに入れて責めるのも良かったです。

主人公が触手に激しくチンチンで責める作品をお探しの方はいかがでしょうか。

こんな人におすすめ

やきめしもどきの作品で触手の微乳で抜きたい人

主に膀胱脱(子宮脱の膀胱版)がメインの作品です。尿道プレイ自体がかなりマニアックなプレイになりますが、その中でもかなりマニアックな内容になります。尿道にディルドを入れたりそういう感じのものなので、尿道に細いものを入れるプレイが好きな人にはあまり向かないかもしれないです。 一応作品の後半は尿道プレイの未経験者の女の子(商品ページ左の眼鏡の子)の尿道拡張があるので細いものをいれるプレイが好きな人にも対応していることは対応しています。もし購入してこの作品が気に入ったのであれば、作者のFanbox等を覗いてみるのも良いと思います。 P.S.この作品に出ているようなプレイは現実ではできないだろうと思っていたのですが、意外とP○rnhub等を見ていると尿道にぷよぷよボールを入れたり、ディルドを入れたりするプレイもあったりします。それ故に本書に記載されているようなプレイも、三次元では出来ない触手プレイと同様の二次元限定プレイと一蹴されなくなる日も近いのかもしれません。

女の子の尿道責めといったニッチなジャンルではあるが、 この癖を探していた紳士は多いと思う。私もその一人だ。 尿道を拡張したり、責めたりなどとても興奮するシーンが多く。 自身の尿道にも、何か熱いものを感じる作品であった。 しかし、作品の中で一番興奮したものは尿道責めではなく、 女の子の表情ではあった。 自身の性に何か恐ろしいものを感じる瞬間だった。

何度でも言う。「尿道プレイ」に焦点を絞った作品は今まで大変少なかった。 あくまでも尿道への挿入はおまけだった。ついで、だった。 (例外はもちろんあるのだけれど) それが、今こんなにも焦点鮮やかに描かれている。 全部が尿道プレイで、もう、すごく安心して読める尿道プレイ「だけ」で構成された世界がそこにあって、女の子たちは尿道なんてトンデモえっちなところでとろっとろに気持ちよくなっちゃっていて、 それはつまり、尿道フェチにとってスイカの真ん中の一番おいしくて甘いひとくちだけをずっと食べて許されるようなもの。 こんな幸せなことって、ありますか? そして 「天綱真希(まさき)に魅せられている。」 この3作目はそんな私の気持ちを代弁したかのような作品である。 真希ちゃんの持つ中毒性は高い。 バス待ちの彼女の色香に惑わされるサラリーマンたち、多分そのうちの一人は確実に私なのだ… そして、そんな真希ちゃんに魅せられてソワソワしてしまう凪ちゃんが今回の主人公で、その戸惑いがなんともいじらしい。 1○歳、大人でも○供でもない「少女」が誰しも一度は覚えるであろう性への好奇心、 例えば、高校の教室で繰り広げられる「〇〇君と〇〇さんはもうえっちしたんだってー」みたいな噂話。 それを小耳に挟んで色々な想像が止まらなくなる、そんな「あの頃」の甘酸っぱさが画面の凪ちゃんから打ち薫る。 1○歳の女の子は魔物だ。抑えることの出来ない性への憧れと欲望を渦巻かせながらどこまでも透明で美しい「少女」で居続ける。 真希ちゃんと凪ちゃんがどんなにえっちに乱れてぐちゃぐちゃになったとしても、彼女たちの少女性は1ミリも傷つかない。 意図して描かれているかどうかはわからないけれど、私はこの作品から戻ることの出来ない1○歳へのノスタルジーを感じずにはいられない。 文学作品から取られたであろうシリーズタイトルに相応しいまさに純変態作品、最後の句もまた秀逸である。

こんな人におすすめ

やきめしもどきの作品で触手の微乳で抜きたい人

トップ